人材ビジネス用語集

採用代行 さいようだいこう

「採用代行」とは、その名の通り企業の採用活動を代行するサービスです。「採用アウトソーシング」ともいいます。

詳しく解説

採用代行の仕組みは、企業が求める人物像を伝えて作業を依頼し、代行業者が適した人材を探す流れになっています。採用代行サービスの内容は、採用計画の立案から説明会運営、内定者フォローなど多岐に渡ります。新卒採用・中途採用はもちろん、アルバイト採用などさまざまな求人に合わせた代行サービスが展開されています。

企業が採用代行サービスをを利用するワケ

企業の採用活動は、膨大な時間とコストを必要とします。求人広告を出したり、合同説明会に参加したりと外部との交渉を行うことも多いでしょう。また、採用活動に不慣れな企業の場合は、採用のノウハウがなく苦戦することもあります。
それらの課題を解決するためのサービスが採用代行です。もともとは新卒採用に関わる事務作業の代行がメインでしたが、現在では採用活動を一括して代行するサービスも登場しています。 また、単に採用活動を代行するだけでなく、企業内に採用体制を構築するなど、コンサルティング的な側面を持つサービスもあります。

これら採用代行サービスは、優秀な人材を必要なだけ、効率的に獲得するために広く利用されています。
幅広いサービスを提供する採用代行ですが、不必要な業務まで委託すると、結果的に採用コストが膨らむこともあります。サービスを利用するときは、依頼内容を明確にして業者と打ち合わせを行うことが大切です。

採用代行のメリット

  • 採用に関するすべての手間が省けるので、主要な業務に注力できる
  • 自社に採用に関するノウハウがなくても採用を行える
  • 難しい採用でも、専門業者ならではの対応が可能

採用代行のデメリット

  • 自社に採用ノウハウが蓄積されない
  • 少人数採用では費用が割高な場合もある
  • 一括で代行してもらうと、内定者との関係を築きにくい

新着用語