人材ビジネス用語集

スカウト型人材紹介 すかうとがたじんざいしょうかい

「スカウト型人材紹介」とは、企業の求人依頼に基づいて最適な人材を紹介するサービスです。

詳しく解説

スカウト型人材紹介は、独自の人材データベースの中から企業の求人依頼に応じた人材を探しだし、紹介するサービスです。ヘッドハンティング、サーチ型人材紹介ともいいます。登録型人材紹介と比べて採用に至るまでのプロセスが複雑で、専門業者による高度なマッチングが必要とされています。

専門的・高スキル人材に特化するスカウト型人材紹介

人材紹介には登録型やアウトプレースメント型など複数の種類があります。
スカウト型人材紹介は、主にミドル層~エグゼクティブ層の求人で利用されるもので、業界・職種に特化したサービスが多いのが特徴です。

スカウト型人材紹介の場合は、基本的に転職希望がある人材をあらかじめデータベース化しておきます。場合によっては、転職を希望していない人材を企業に勧誘するケースもあります。
このように、人材をデータベース化したり、検索や勧誘などのの手間がかかるため、登録型に比べて紹介料は高額です。

スカウト型人材紹介を利用するメリットは、登録型では出会えない人材とのマッチングが可能という点でしょう。また、スカウトの時点である程度求人とのニーズが合致しているので、効率よく採用活動を行える点もメリットといえます。

ただし、スカウト型と登録型が得意とするターゲットは、それぞれ異なります。人材紹介サービスを利用する場合は、課題に対してどのサービスが適しているのかを見極める必要があるでしょう。

新着用語