新卒採用研究所

採用代行サービスって?

新卒採用は市場のトレンドや景気に左右されやすく、思うように人材が集まらないことも珍しくありません。採用活動を担う担当者を誰にするか、求める人材を選考するためのノウハウも重要です。これらの問題を解決する手段の1つが採用代行(アウトソーシング)サービスです。最近注目を浴びている採用代行の内容について紹介します。

採用代行とは?

採用代行とはその名の通り、企業の採用活動を代行するサービスです。求人媒体の選定や説明会の開催、選考方法の考案や入社後のフォローなど、代行する施策の内容は多岐に渡ります。まずは採用代行サービスの内容や流れ、利用するメリットなどを押さえておきましょう。

採用代行の特徴

新卒採用は企業の経営状態や社会の景気に左右されるため、必ずしも毎年同じ募集職種で、同じ能力を持った学生を、同じ数だけ採用できるとは限りません。変動する採用計画に合わせて社内の体制を都度整備することはなかなか難しいといえます。
このようなときに役立つのが採用代行サービスです。採用代行サービスは採用業務に特化し、成果をあげる、いわば採用のプロフェッショナルであり、蓄積されたノウハウを元にクライアントの要望に合わせた採用活動を行います。

主なサービス内容と流れ

採用代行では、採用に関わる業務のほぼ全てを代行することが可能です。例としては下記の内容があります。

  • 採用戦略の企画
  • 求人媒体の選定
  • 媒体への情報提供
  • 学生対応
  • 企業説明会の運営
  • 地方での企業説明会の開催、運営
  • 面接代行
  • 入社までの内定者フォロー
  • 面接を行う社員への教育・研修

選考を行う前の段階では、採用戦略企画や適性検査などのアセスメントツールなどの選定。募集から選考までの段階では、母集団形成のための説明会開催や学生対応、選考活動など。さらに選考が終わった後は、内定辞退や早期離職者を減らすための内定者へのフォロー、教育・研修など、採用のフェーズに合わせてさまざまなサービスがあります。

採用代行のメリット

採用に関わるほぼすべての業務を代行する採用代行サービスのメリットを紹介します。

採用活動の変化に柔軟に対応できる

先ほど述べた景気や企業の経営状況の変化以外にも、2016年に起きた、いわゆる「採用スケジュールの後ろ倒し」のように、採用環境が大きく変わったため、多くの企業が苦戦したことは記憶に新しいことでしょう。手間や時間の面ばかりでなく、戦略面においても、採用代行サービスであれば変化する状況に合わせて柔軟に採用活動を行うことが可能です。
また、採用代行を利用することは人的資源の節約につながるため、社員がコア業務に集中できる点もメリットです。

採用に関わるノウハウがある

採用活動では選考や面接などに専門的なノウハウが必要になります。企業内でノウハウを蓄積するためには多くのコストを要しますが、採用代行サービスを利用すれば豊富な知識やノウハウを生かした効率的な採用活動が可能です。そのため、新たに新卒採用を行おうとする企業や採用に割くリソースが少ない企業でも、手軽に質の高い採用を行うことができます。

代行会社を選ぶ基準は?

採用代行サービス選びで最も重要なポイントは、採用の目的に適した業者を選ぶことです。例えば、採用代行サービスを提供する業者がITコンサルも行っていれば、恐らくWebやIT業界の採用を得意としているでしょう。クライアント専任のコンサルタントが付き、採用ノウハウの提供を重視するサービスもあります。

採用代行を行う業者が、どのような強みを持っているかを事前に調べておくことが大切です。自社の課題を把握し、その解決につながるパートナーを選びましょう。

また、業者が採用代行の結果についてフィードバックを行い、改善策を提案してくれるかどうかも大きなポイントです。
契約時には内容をきちんと確認し、不要なサービスが含まれていないか、自社の課題を解決できるプランになっているかなどの点もチェックしましょう。

トレンドの変化に柔軟に対応する
「採用代行サービス」

採用代行サービスは、目まぐるしく変化する採用シーンに柔軟に対応できる点や、専門的なノウハウやサービスを手軽に利用できる点がメリットです。なぜ採用代行サービスを利用するのか、採用の目的は何なのかを事前に整理し、提供されるサービスの範囲をしっかりと確認した上で導入しましょう。