人材ビジネス用語集

間接雇用 かんせつこよう

間接雇用とは、労働者と使用者(企業)との雇用関係の間に、人材派遣会社等の第三者が介在する雇用形態を指します。

詳しく解説

間接雇用とは、労働者の雇用形態の1つです。労働者は人材派遣会社などと雇用関係を結ぶ一方で、派遣先企業から業務の指示を受けます。法的な定義はありませんが、一般的に派遣社員や請負社員などが間接雇用に該当します。

直接雇用との違いは第三者と雇用契約を結ぶこと

以前の日本では、自己管理下の労働者を他人に使用させる「労働者供給事業」というものがありました。しかし、これは中間搾取や強制労働といった問題を引き起こしやすいため、現在は職業安定法により禁止されています。

そのため、日本では第三者を介すことのない「直接雇用」が労働形態の主流となりました。例えば、正社員や契約社員、パートタイマーなどが直接雇用にあたります。

一方で、人材派遣や業務請負といった間接雇用も一部の業界・職種で認められています。
間接雇用の中でも代表的な「人材派遣」を例に、その仕組みを見てみましょう。

間接雇用の場合、労働者はまず派遣元企業と雇用契約を結びます。それから派遣先企業に出向き、指揮・命令を受けて業務に従事します。雇用関係と指揮・命令関係が別々の相手と結ばれているというのが、直接雇用との違いです。

間接雇用の制度は人材派遣、業務請負といった形で整えられているものの、第三者が介入することによるトラブルもゼロではありません。労働者の権利を守るためにも、間接雇用の仕組みへの理解や、労働者派遣法をはじめとした法律の遵守が企業に求められます。

関連する用語

新着用語