人材ビジネス用語集

エグゼクティブ転職 えぐぜくてぃぶてんしょく

エグゼクティブ転職とは、管理職や重役などのハイクラス人材の転職を指します。「ハイクラス求人」ともいいます。

詳しく解説

エグゼクティブ(英:executive)とは、「企業の上級管理職、経営幹部」を意味します。 そしてエグゼクティブ転職とはその名の通り、企業経営を担う幹部候補を対象とした転職です。一般的には、入社してから一定期間(1~3年ほど)を置いて、部長や執行役員などの役職に就くシステムになっています。

企業経営を左右するエグゼクティブ転職

エグゼクティブ層とは、一般的に「経営的な視点」を持つビジネスマンを意味します。いわゆるCEOのような経営幹部層といえば、イメージしやすいでしょう。年齢は、主に30代後半から50代前半が多数を占めています。

では、エグゼクティブ転職のニーズが生まれるのはどんなときでしょうか。

基本的には、企業が新規事業の立ち上げるときや、経営体制の見直しを行うタイミングなどが想定されます。経営的な視点から、多数の人材をまとめるマネジメント能力が必要とされるシーンが多いでしょう。上級管理職を採用することは企業経営の根幹に関わりますから、人選の責任は重大です。

そのため、企業はエグゼクティブ転職専門の人材サービス(人材紹介、転職エージェントなど)を利用したり、ヘッドハンティングを行ったりすることもあります。最近は50歳前後で早期退職が可能な企業もあるため、転職に前向きな人材も多いといえるでしょう。

ちなみに、部長以下の中間管理職は「ミドル層」「ミドルマネジメント層」と呼ばれます。これらは転職サイトなどを利用すれば比較的出会える人材です。しかしエグゼクティブ層は企業社員の10%前後ともいわれ、転職市場では非常に希少な存在となっています。

関連する用語

新着用語