人材ビジネス用語集

ワーキングプア わーきんぐぷあ

「ワーキングプア」とは、正社員として、正社員と同等にフルタイムで働いているにも関わらず、生活保護水準もしくはそれに満たない収入しか得られない労働者のことです。

詳しく解説

正社員もしくは正社員並みの労働に従事しているにも関わらず、収入が低く生活維持が困難な層を「ワーキングプア」といいます。1990年代のアメリカで低所得者が増えたことから生まれた言葉で、主に貧困線(最低限度の生活が維持できると考えられる収入の指標)以下で働く人々のことを指します。

問題視されるワーキングプア
過労死に繋がる恐れも

働いても働いても生活が豊かにならない「ワーキングプア」は「働く貧困層」とも呼ばれ、格差社会の象徴にもなっています。失業による典型的な貧困層とは異なり、職はあるけれども十分な収入が得られないために貧困となっている、新たな貧困層です。日本では2006年以降メディアで取り上げられ、社会問題として注目されています。

下図は、年収200万円以下の労働者数の推移を示したものです。
ワーキングプアに該当する年収200万円以下の労働者数は年々増加しています。

ワーキングプア年間賃金200万円以下層の推移
※『日本共産党 しんぶん赤旗』の図を元にクイックが作成しました。

ワーキングプアの増加には長引く不況が関係しているでしょう。企業は人件費節約のため、アルバイトや派遣社員を多く採用し、収入の少ない非正規雇用が増えました。さらにリストラや介護離職による中高年の失業も、ワーキングプアの増加につながっています。

ワーキングプアに陥った人々は、より多くの収入を得るために長時間労働に従事せざるをえなくなり、その結果、過労死や過労自殺に至ることもあります。また、転職しようにも長時間労働による時間的な拘束から、転職活動ができないケースもあります。このように、一度ワーキングプアになってしまうとその悪循環からなかなか抜け出せません。

何らかの理由で働けない場合は生活保護などのサービスを受けられますが、ワーキングプアは収入があるためそれらを受けることもできず、経済的にも精神的にも追い込まれてしまいがちです。政府は解決策として非正規・正規雇用の労働条件の均等化、正規雇用への促進などを行っていますが、効果を発揮しているとは未だ言いがたい状況となっています。

新着用語