人材ビジネス用語集

パワハラ ぱわはら

パワハラとは、上司が職権を利用し部下などに対して嫌がらせ行為を繰り返すことです。「パワーハラスメント」の略語として一般化しています。

詳しく解説

2012年1月30日、厚生労働省は「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」を公表しました。 同報告によれば、職場のパワーハラスメント(パワハラ)は「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義されています。 また、上司から部下だけでなく、部下から上司に対する嫌がらせ行為もパワハラに該当します(「逆パワハラ」)。

パワハラの背景にあるのは急速な技術進歩?
近年は「逆パワハラ」も問題視されている

厚生労働省は、以下の行為類型を職場のパワハラの典型例として挙げています。

・身体的な攻撃(暴行・傷害)
・精神的な攻撃(脅迫・暴言など)
・人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
・過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
・過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
・個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
※上記以外の行為がパワハラに該当しないというわけではありません。

そろばんが銀行員の必須アイテムではなくなったように、情報化や技術革新が急速に進歩する現代では、かつて上司が必死に習得したスキルでも、もう部下には必要ない、あるいは容易にこなせてしまうといったケースが多くあります。
のような状況に管理者がプレッシャーを感じてしまうことが、パワハラが起こる理由の1つと言われています。また、年功序列ではなく成果主義による人事制度を導入する企業が増えたことで、上司・部下間の関係性が従前と比べて歪になってしまったことも、パワハラ助長の1つの要因といえるかもしれません。

一般的に、パワハラは上司から部下に対する行為と認識されています。実際に報告されている被害も、「上司から部下に」という流れが圧倒的に多いようです。
ただし前述のように、部下から上司に対する嫌がらせ行為もパワハラに該当します。これを「逆パワハラ」といい、近年、問題視されています。

逆パワハラが起こりやすい状況は?

逆パワハラが起こりやすいといわれているのは「上司・部下間にスキルの差が生じにくい」「年の近い若い従業員で構成されている」といった特徴を持つ業界です。逆パワハラによって肉体的・精神的苦痛を被った場合も、被害者は賠償を求めることができます。

しかし、部下の行為は上司の責任と認識されやすいことも事実。「部下から逆パワハラを受けた」と認識したとしても、上司の立場である人間はまず「自分は適切に権限を行使していたのか」「自らの管理能力不足に起因する問題ではないのか」といったことを考える必要がありそうです。

新着用語