人材ビジネス用語集

離職率 りしょくりつ

「離職率」とは、雇用している労働者のうち、一定の期間にどれだけの人が離職したかという割合を示す指標です。

詳しく解説

離職率は、労働力の移動の実態を知る手がかりの一つとして、重要な指標となっています。計算式は以下の通りですが、期間や離職者の定義が企業ごとに異なるため、比較の際には注意が必要です。 離職率=一定期間の離職者数÷期間初めの在職者数×100

新卒の3割が3年以内に辞める?
若者離職率の改善が問題に

離職率の中でも、「若者離職率」は企業や就活生が特に注目しています。

これは中卒・高卒・大卒の就業後3年間の離職率を表したもの。かつて中卒は7割、高卒は5割、大卒は3割が3年以内に会社を辞めていたことから「七五三現象」という言葉も生まれました。それぞれの割合に多少変化はあるものの、若者離職率は「7・5・3」に近い水準で推移しています。

なぜ若者離職率が高いのか?

なぜ、若者離職率が高くなるのでしょうか? その理由の一つが、採用のミスマッチ。学校や社会でキャリア教育を受ける機会が少ない日本の学生は、情報収集や自己分析、職業理解などが不十分な場合があります。また、ブラック企業の増加も原因の一つといえます。さらに、日本の終身雇用制度・年功序列の崩壊が雇用の流動化を招いたことも背景にあるでしょう。

若者離職率は飲食・宿泊といったサービス業で突出して高く、逆に電気・ガスなどのインフラ系の産業では低いなど大きな差が見られます。
短期離職は労働者にとっても企業にとってもデメリットが多いため、採用のミスマッチを減らすなどの施策が求められます。

人材サービスの活用

そこで活用されているのが人材サービスです。採用のミスマッチを減らすために採用プロモーションを強化したり、従業員のキャリア開発支援や定着率向上のためにスキル教育を実施するなど、人材サービス業者を活用する企業が増えています。

これらのサービスはコンサルティング的側面も持ちあわせており、企業体質の改善につながるケースもあるとして注目が集まっています。 

新着用語