人材ビジネス用語集

OJT おーじぇーてぃー

OJT(On the Job Training)とは、実際の現場で実際の業務を通して行う、企業内教育訓練の手法で「職場内訓練」と訳されます。

詳しく解説

OJTでは、教育担当者である上司や先輩が、後輩や新入社員に対し、業務に必要な知識・技術を教育します。何もわからない状況で実際の業務に当たらせるのではなく、意図的・計画的・継続的に教育を実施する点がOJTの特徴です。 なお、社内の担当部署や外部の研修機関・専門講師などによって、職場から離れて実施される「職場外訓練」を、OJTに対してOff-JT(Off the Job Training)といいます。

効率化に寄与するメリットの多いOJT
ただし実施にはデメリットの回避が必須

OJTは、Off-JT、自己啓発(SD:Self-Development)と並ぶ、人材育成の3本柱の1つに数えられる教育訓練手法です。

■OJTのメリット(一例)
・ほぼマンツーマンの指導であるため、個人の理解度に合わせて教育できる。
・外部講師を雇ったり研修施設を設けたりする必要がないため、費用を抑制できる。
・実際の業務に携わらせながら行うため、会社としては教育だけの時間をつくる必要がない。
・指導する人間の教育力が向上する。
・教えられる側にとっては相談相手がはっきりしているため、安心できる。
・教える側と教えられる側の相互理解が深まり、信頼関係が向上する。
・事前にOff-JTを実施している場合、そこで得た知識を現場に落とし込める。

ただし、OJTによる教育訓練にはデメリットも存在します。OJTには上記のような効率化に寄与するメリットが多いため、多くの企業はOff-JTと自己啓発よりも大きな時間的比重をこの手法に置いています。

■OJTのデメリット(一例)
・そもそも指導者の資質にばらつきがあるので、教えられる側の習熟度にむらが出る。
・教育担当者は自らの仕事をこなしながら教育を行わなければならないため、負担が大きい。
・教育担当者が教育を行うに当たり、教育方法や内容について事前に体系立てて学習する必要がある。
・Off-JTを実施しない場合、業務を基礎的・体系的に教えることが難しい。
・相性が悪ければ、教えられる側にとっては職場がいづらいものになる。

OJTによる教育訓練を実施する際は、事前に上記のデメリットを考慮する必要があるでしょう。

例えば、「指導者の質を均一にするためにある程度の教育法をマニュアル化する」「教育担当者の負担を軽減する仕組みを設ける」「相性を考慮してから指導者を決定する」といった対策が考えられます。

新着用語