人材ビジネス用語集

内定辞退 ないていじたい

「内定辞退」とは、一度承諾した内定を求職者本人の都合で取り消すことです。

詳しく解説

企業が求職者に内定通知を行い、求職者がそれを承諾した後に求職者の都合によって内定を辞退することを「内定辞退」といいます。内定辞退は憲法上の自由権(職業選択の自由)によって保証されていますが、辞退するタイミングによっては企業とトラブルになる場合もあります。

採用活動では避けられない内定辞退
トラブルが起こる可能性も?

一般に内定辞退とは、未公表の採用や役職就任が決まったものの、正式決定となる前に本人の都合でそれを取り消すことをいいます。就職・転職活動の場面でよく用いられる言葉で、その場合は内定通知を受けて承諾したにも関わらず、自己都合で辞退することを指します。
内定が成立した時点で雇用契約も成立するので、内定辞退は契約の不履行に当たります。しかし、憲法で「職業選択の自由」が定められているため、実質内定を辞退することは可能です。退職を拒めないことと同様に、内定辞退を止めることもできません。
ただし、内定承諾後は、企業も人材を受け入れるために諸々の準備を進めています。そのため、辞退のタイミングによっては企業とトラブルになることもあります。例えば、入社直前に辞退して、研修や備品の費用を請求されるケースが報告されています。求職者と企業双方のためにも、内定辞退は早く決断することがトラブル回避の方法になるでしょう。

不景気下では、企業都合による内定取り消しが問題となりました。この時は内定取り消しを行った企業の名前が厚生労働省によって公表されるなどして、大変な出来事となりました。

増加する「内定ブルー」とは?

また、就職活動が売り手市場に転換することで、学生による「内定ブルー」も増えてきました。
内定ブルーとは、就職活動を終えた学生が内定式間近になってから「この会社で本当にいいのかな」「自分の選択は正しいのかな」と不安になる現象です。売り手市場の就職活動では、学生がキャリアプランや就職観を定めないまま就職先を決めることが増え、内定ブルーを起こすケースが増えています。

新着用語