人材ビジネス用語集

アルバイト あるばいと

「アルバイト」とは、本業とは別に副収入を得ることを目的として働く形態です。英語ではパート・タイム・ジョブ、サイド・ジョブといいます。

詳しく解説

アルバイトの語源は、ドイツ語で「労働」を意味する「arbeit」です。日本では短時間労働を行う非正規雇用の就業形態や、それに従事する非正規労働者を指します。 ちなみに、アルバイトを本業とする人のことを一般に「フリーター」と呼びますが、これは「フリーランス・アルバイター」という和製英語の略称です。

増加するアルバイト人口
貧困問題につながるケースも

アルバイトは本来「副業を行う人」を意味する言葉ですが、日本では雇用期間に定めのある非正規労働者を意味します。例えば、短時間労働者や一時労働者、パートタイマーなども「アルバイト」に含まれます。
日本のアルバイトは契約期間に定めがあり、正社員に比べて低賃金となるケースがほとんどで、正社員が敬遠する仕事や深夜業務も多いのが特徴です。

かつて、アルバイト募集の主な手段は有料の求人誌や、求職者からの直接応募でした。しかし、最近ではフリーペーパーやウェブサイトでの求人がメインになりつつあります。業種としては第3次産業に当たるサービス業が多く、マニュアル化が可能で特別な知識・経験がなくとも従事できる仕事が大部分を占めます。これらの業務は機械によるシステム化が難しく、人間の労働力に頼る部分が大きいことから、アルバイトが活用されてきました。

アルバイトのメリット・デメリット

アルバイトのメリットは、フルタイム勤務ではないので掛け持ちができること。給与が日払いで支払われることもあり、短期間でまとまった収入を得ることも可能です。
ただし、正社員と比べて雇用が安定せず、不景気や経営悪化により簡単に解雇される恐れがあります。そのため、アルバイトを本業とする人は収入が不安定になりがちです。

バブル崩壊後、企業は人件費を削減するために正社員の雇用を抑えました。そこで代替の労働力として、人件費も安価で人員調整しやすいアルバイトの採用が増加。就職できずにアルバイトで生計を立てる人が増加しました。しかし、不安定な収入のためにワーキングプアに陥る人も続出し、社会問題となっています。

新着用語