人材サービス業界まるわかりガイド

人事の仕事と人材サービス

人事の仕事と人材サービスは切っても切れない密接な関係にあります。新卒採用、中途採用、派遣の活用など、雇用に関わる仕事の多くを人事が担当しているからです。しかし、人材サービスが多様化した現代ではその選び方が難しくなっています。「こんなとき、どんなサービスを利用したらいいの?」というお悩みも多いはず。
ここでは課題別に適した人材サービスをご紹介します。

人事の役割と人材サービス

人事の役割

人事の仕事は「人事管理」「人的資源マネジメント」「人事戦略策定」など。企業の経営に関わる幅広い領域を担っています。
これまでは労務管理や人事評価などの「人的管理」が、人事の仕事の大部分を占めていました。しかし最近は業務への即応性の観点から、人事評価や育成を各部門に委譲することが増えています。また、勤怠管理などの事務作業的な部分についてはITやアウトソーシング(業務代行)の活用が普及しています。
そのため、いまの人事の仕事は「人的資源マネジメント」「人事戦略策定」の比重が増え、経営に関わる部分が大きくなっています。企業の経営戦略に沿った人事戦略を組み立て、人材の確保やキャリア開発・組織開発の遂行が強く求められているのです。

人材サービス業

人材サービス業の主な事業は、「人材紹介」「求人広告」「人材派遣」「業務請負」「人事コンサルティング」の5つです。

  • 人材紹介……求職者(転職希望者)と企業のマッチングを行うサービス
  • 求人広告……求人広告を掲載し企業と求職者のマッチングを行うサービス
  • 人材派遣……専門的な技術を持った人材を、一定期間だけ企業へ派遣するサービス
  • 業務請負……自社の労働者を他社の事業所で業務に従事させるサービス
  • 人事コンサルティング……採用のみならず、人材育成や組織開発、制度設計など、人事領域におけるコンサルティングを幅広く行うサービス

    人事の方は、主に「人的資源マネジメント」に関する仕事で、人材サービス業と関わることが多いでしょう。その他にも組織開発や人材育成といった「人事戦略の策定」で人材ビジネス系のコンサルタントと関わることもあるかもしれません。

人事の課題

人事が抱える課題は「採用」「育成・キャリア開発」「組織開発」の3つの領域に分けることができます。

採用領域

新卒採用・中途採用
採用活動は大きなコストがかかります。そのため、しっかりとした採用方針・採用計画を立てた上で実施する必要があるでしょう。また、社内に採用ノウハウが蓄積されていない場合は、求人サイトを利用したり、採用コンサルティングに相談するなどの手段があります。

育成・キャリア開発領域

次世代リーダー育成、若手育成、マネジメントスキルの向上、キャリア開発・支援、グローバル人材の育成、ビジネススキルの向上 等
人材の育成やキャリア開発も人事の大切な仕事。特に企業の未来を担うリーダーの育成については、多くの人事が悩んでいます。社内のキャリアパスが不明確であったり、教育制度が不十分だったりとその原因はさまざま。社員研修プログラムや人材育成サービスを利用することで改善できる点も多いでしょう。

組織開発領域

人員構成の是正、障がい者雇用、女性活用・登用、中高年活用・再生 等
組織開発とは、組織の活性化を促し、組織全体のパフォーマンスを向上させることです。ビジネスのグローバル化や個人の価値観、ライフスタイルの多様化などにより、企業が「個人の集まり」以上の集団になれず、組織として機能しないという課題が増えています。人材・組織開発に関する支援サービスも増えていますから、利用を検討してみるのも一つの手段でしょう。

現状の採用・退職・人材育成・配置・人材ポートフォリオ面での課題(企業規模別)
※ビズリーチ社『HRreview』の図を元にクイックが作成しました

サービスの選び方

人材サービスの選び方

ここで人事の代表的な課題を例に取り、その解決法を紹介します。

課題1:人材採用
採用活動は時間もお金もかかる一大プロジェクト。会社の経営戦略に合わせた採用計画を立案し、実行する必要があります。採用活動をスムーズに進めるためには、「人材派遣」「人材紹介」「求人広告」などのサービスを利用することをお勧めします。サービスを選ぶ際には「自社の採用目的」を明確に。「いつ、何のために、どんな人材を採用するのか」という採用の軸をはっきりとさせておきましょう。これにより利用すべきサービスは変わってきます。次に、人材の緊急度と勤務期間でプロットを作成します。それに応じてサービス業者の選定に入りましょう。以下に2つの例を用意しました。

例1)コールセンターの欠員募集……緊急度(高)/勤務期間(1年)
例2)計画中の新事業に関する部門長候補……緊急度(中)/勤務期間(5年~)

_r1_c1

例1)のように突発的な欠員の補充や、求めるスキルを持った人材を一定の期間だけ雇用したい場合は、人材派遣またはアルバイト・パート向け求人広告が適しています。コストも比較的安価に収まる傾向にあります。
例2)のように経験豊富な人材を長期間雇用したい場合は、その人物が社風や事業計画に適しているか、じっくり選考する必要があります。このケースでは企業と求職者のマッチングを行う人材紹介あるいはハイスペック者の利用率が高い求人広告がぴったりです。採用コストはかかりますが、採用目的にマッチした優秀な人材と出会えるでしょう。

課題2:人材育成・組織開発
人事に多いもう一つの悩みが、人材育成や組織開発に関わるもの。特に次世代リーダーの育成や、企業のパフォーマンス向上を目指す組織開発に悩む人事の方が増えています。人材育成・組織開発に取り組む際はサービスを選ぶ前に課題を整理し、具体的な施策を打ち出すことが重要です。必要であれば課題を洗い出す時点から、コンサルティングサービスなどの利用も検討しましょう。
人材育成については、以下のような研修サービスがあります。企業規模や課題に合わせて適切なサービスを選びましょう。

3_r1_c1

組織開発は企業の成長ステージや社風によって、選択すべきサービスが異なります。まずは自社の現状を把握し、問題点を整理して臨みましょう。

例としては、集団レベルで行う「目標管理/人事考課」や組織レベルで行う「業務改革」などがあります。これらのコンサルティングやアウトソーシングサービスを利用するとよいでしょう。


人事の悩みを解決する人材サービスは数多く存在します。同じ課題であっても、企業規模や成長ステージによって対処法は異なるので、まずは現状を把握し課題を洗い出しましょう。施策を立てたり、サービスを選ぶのはその後です。