人材ビジネス用語集

一気通貫制 いっきつうかんせい

「一気通貫制」とは、初めから終わりまで一通り揃っていること。転じて、初めから終わりまで一貫したサービスが提供できることを指します。

詳しく解説

人材ビジネスにおける一気通貫制とは、1つの求人案件を一人のコンサルタントが担当し、転職希望者と求人企業双方の窓口となってマッチングを進めていくことです。「両面担当」ともいいます。 求人開拓や人材探し、双方のフォローまで、人材紹介コンサルタントの仕事すべてを1人が担当します。そのため、転職希望者と企業の間で認識のズレが起こりにくく、マッチングの精度が高いのが特徴です。

人材紹介は「一気通貫型」「分業型」の2種類

それぞれのメリット・デメリットを比較しよう

■一気通貫型

1人のコンサルタントが求人企業・転職希望者双方の窓口となり、マッチングを進めていく制度です。中~小規模の人材紹介会社に多い形態です。「両面型」「一貫型」とも呼ばれます。コンサルタントは求人企業・転職希望者の両者と直接連絡を取り合うため、業者を介しても双方の意見が伝わりやすいというメリットがあります。また、企業の現状や求人要件などをしっかりと把握した上で適切な人材を紹介してくれるという長所も。業界に特化した、知識豊富な業者が多いことも特徴です。

ただし、分業制に比べてコンサルタントの負担が大きいため、紹介の効率が悪くなる可能性もあります。一度に多くの求人を行う場合は不向きといえるでしょう。

■分業型

企業担当のコンサルタントと転職希望者担当のコンサルタントが協力し、マッチングを行う制度です。求人が豊富な大手人材紹介会社に多い形態です。
効率性を重視したシステムのため、多くの人材と出会える可能性があります。そのため人数が多い求人に向いていて、効率よく人材を紹介してもらえます。また、企業、転職希望者にそれぞれ専任コンサルタントが付くため、各々がじっくりと相談できるというメリットがあります。

一方で、企業担当と求人担当の間で情報共有がうまくいかないと、ミスマッチングにつながるというデメリットもあります。また、幅広い業界を取り扱っているので、専門分野に疎い場合もあります。

 

新着用語