人材ビジネス用語集

紹介料・人材紹介手数料 しょうかいりょう・じんざいしょうかいてすうりょう

「人材紹介手数料」とは、企業が人材紹介サービスを利用する際に発生する手数料です。短縮して「紹介料」と呼ぶこともあります。

詳しく解説

人材紹介サービスでは、職業紹介事業を行う事業者が、企業の求人依頼に応じて人材を紹介します。人材紹介には登録型やサーチ型など複数の種類があり、手数料が発生するタイミングはそれぞれ異なります。例えば、登録型では企業と転職希望者が雇用契約を結んだ時点で紹介成立とし、手数料が発生するサービスが多いようです。一般的に、紹介料は採用人材の年収の30%前後といわれています。

さまざまなタイプがある人材紹介
目的に応じて適切なサービスは異なる

人材紹介サービスには「登録型」「サーチ型」「再就職支援型」などの種類があり、紹介料が発生する条件やタイミングがそれぞれ異なります。各種サービスの特徴やメリット・デメリットを比較してみましょう。

登録型人材紹介

転職希望者の要望と企業の求人情報のマッチングを行い、人材を紹介するサービスです。
登録型人材紹介の多くは、完全成功報酬制を取っています。人材を紹介し、入社が成立すれば「紹介料」の支払いが発生する仕組みです。ただし、いくら紹介しても人が入社しなければ紹介料は発生しません。また、早期退職した場合は紹介料を返還するサービスもあります。人材紹介は他の人材紹介サービスに比べてマッチングの精度は高いのですが、その分紹介料も高額になる傾向があります。

一般社団法人 日本人材紹介事業協会の図を元にクイックが作成しました。

サーチ型人材紹介

企業の求人依頼に基づき、最適な人材を探して紹介するサービスです。ヘッドハンティング、スカウトと呼ばれることもあります。サーチ型の場合、費用の払い方は「固定報酬制」と「複合報酬制」の2種類があります。どちらも採用の成否に関わらず料金は返金されないものがほとんどです。

  • ・固定報酬制
    人材を紹介してもらう前に費用全額を支払う制度で、「リテーナー契約」と呼ばれることもあります。基本的には人材サービス業者と専属契約を取り交わし、人材紹介を一任します。
  • ・複合報酬制
    契約時や人材を紹介したとき、人材が入社したときなど、フェーズごとに分割して報酬を支払う制度です。支払のタイミングは事業者ごとに異なります。

一般社団法人 日本人材紹介事業協会の図を元にクイックが作成しました。

再就職支援型

企業の依頼に応じて、退職者の再就職支援を行うサービスです。アウトプレースメントと呼ばれることもあります。再就職支援では、人員削減などで発生した退職者の再就職先を紹介したり、受け入れ先の開拓などを行います。このタイプは依頼する側の企業が紹介手数料を支払うため、人材を受け入れる側の企業に費用は発生しません。

一般社団法人 日本人材紹介事業協会の図を元にクイックが作成しました。

 

新着用語