人材ビジネス用語集

派遣先管理台帳 はけんさきかんりだいちょう

「派遣先管理台帳」とは、適正な雇用管理を実施するために派遣労働者の就業実態を記録し、派遣元企業に通知するものです。

詳しく解説

派遣労働者が就業する事業所は派遣先管理台帳を作成し派遣労働者の就業日や就業時間などを記載する義務があります。これは労働者派遣法により定められた規則です。ただし、派遣先の社員数と派遣労働者の人数が合わせて5人以下のときは、この義務は免除されます。

派遣先管理台帳は派遣先企業の義務

派遣先管理台帳については、労働者派遣法により規定されています。

派遣先は、厚生労働省令で定めるところにより、派遣就業に関し、 派遣先管理台帳を作成し、当該台帳に派遣労働者ごとに次に掲げる事項を 記載しなければならない。(労働者派遣法第42条第1項)


主な目的は派遣社員の雇用管理で、労働環境が適切であるか、契約内容とのズレがないかなどを確認するためのものです。

派遣先管理台帳の記載項目

派遣先管理台帳に記載すべき項目は下記の通りです。

  1.  派遣労働者の氏名
  2.  派遣元事業主の氏名または名称
  3.  派遣元事業主の事業所の名称
  4.  派遣元事業主の事業所の所在地
  5.  無期雇用か有期雇用かの別
  6.  派遣就業した日
  7.  派遣就業した日ごとの始業・終業及び休憩時間
  8.  従事した業務の種類・内容
  9.  派遣労働者が就業した事業所の名称、所在地、派遣就業した場所、組織単位
  10.  派遣元責任者
  11.  派遣先責任者
  12.  雇用保険、厚生年金、健康保険の加入状況
  13.  派遣労働者から申出を受けた苦情の処理に関する事項
  14.  教育訓練を行った日時・内容
  15.  紹介予定派遣である場合は、紹介予定派遣に関する事項
  16.  派遣受入期間の制限を受けない業務の場合、その旨

(派遣法第42条第1項、法施行規則第36条)

派遣先管理台帳の通知

派遣先企業は、派遣管理台帳に記載した事項を派遣元企業に通知する義務があります。通知は1カ月に1回以上、一定の期日を定め行う必要があります。また、派遣元企業の請求に応じて、随時通知するよう定められています。
なお、通知事項は下記の通りです。

・派遣労働者の氏名
・派遣就業した日
・派遣就業した日ごとの始業・終業及び休憩時間
・従事した業務の種類・内容
・派遣労働者が就業した事業所の名称、所在地、派遣就業した場所


派遣先企業は、労働者派遣の終了日から3年の間は派遣先管理台帳を保存する義務があります。

派遣先管理台帳の保管

労働者派遣の終了日とは、派遣元企業が通知する派遣期間の終了日に準じます。もし派遣契約が更新された場合は、更新された日付に基づきます。派遣先管理台帳の作成や保存、通知を怠った場合は、派遣先企業に30万円以下の罰金が科される場合があります。

新着用語