人材ビジネス用語集

アウトソーシング あうとそーしんぐ

「アウトソーシング(Outsourcing)」とは、外部委託のこと。自社で行っている業務の一部を、外部の専門業者などに依頼することを指します。

詳しく解説

アウトソーシングの主な目的は、専門的なスキルを求められる業務などを外部の専門業者などに委託することで、業務の効率化やコスト削減を実現することです。その他、自社がスキルを持たない分野の業務をアウトソーシング化することで事業の幅を広げるという目的もあります。 人事や経理などの業務がアウトソーシングサービスの主流でしたが、最近はそれ以外の業務についてもアウトソーシングを行う企業が増えています。

年々需要が増えているアウトソーシング
外注との違いとは?

自社の業務を外部業者に依頼する点は、外注もアウトソーシングも同じ。ではその違いとは何でしょうか。

外注の場合は、業務の作業部分だけを委託します。例えるなら、料理のレシピを渡して「これを作ってください」とお願いするようなもの。制作や作業の部分だけを依頼します。これに対してアウトソーシングは、「何の料理を作るか」という仕事の企画・立案部分から業者に任せるという点が異なります。専門知識やスキルを持つ外部業者に委託することで、より効率的に、そして業務の品質を高くすることが可能です。もちろんコスト削減にもなりますし、いままで煩雑な業務に割かれていた人員を本来の業務に取り組ませることで、コア業務への集中、生産性の向上が期待できます。また、人材不足の問題をカバーすることにもつながります。

ただし、社内に業務のノウハウが蓄積されないというデメリットがあります。アウトソースが可能な業務範囲を見極め、適切に利用していく必要があります。
身近なところでは、社員食堂や企業内保育所の運営などでアウトソーシングを利用する場合が多いでしょう。企業経営に関わる部分では、人事制度の策定や出納業務代行などの人事・経理関連業務がアウトソーシング化されてきました。社員研修やキャリア開発支援といった、高い専門性を求められる業務についてアウトソーシングを導入する企業も増えています。

さらに最近注目されているのが、人材採用活動における業務代行です。選考や説明会運営のほか、内定者フォローや入社後研修まで請け負うサービスもあります。
しかし、採用代行はもともとアメリカやヨーロッパで導入が進んでいるものです。そのため、日本にはノウハウを持っている業者が少ないという現実があります。また、採用ノウハウが社内に蓄積されない点も、企業によってはデメリットとなり得ます。

新着用語