人材ビジネス用語集

Jターン じぇいたーん

「Jターン」とは、地方で生まれ育った人が一度都心で就職した後、出身地とは異なる地方や中規模都市に移住して就職することです。

詳しく解説

地方から一度都市圏に出て、それから別の地方や中規模都市へと移住する人の流れを、アルファベットの「J」になぞらえてこう呼びます。同様の言葉に「Vターン」がありますが、Jターンが出身地近くの地方都市へ移住することに対し、Vターンは出身地と全く関わりのない土地へ行くことを指します。 例えば、宮崎出身の人が東京に進学・就職し、福岡で再就職するならJターン、広島で再就職するならVターンになります。

未知の土地へ就職するJターン

実行する前にはビジョンの確定が必要

Uターンの場合は生まれ育った故郷に戻りますが、Jターンは出身地ではなく、出身地近くの中規模都市や地方都市に移住します。
見知った地方だけでなく、全く知らない土地へ移り住む場合もあります。Jターンの場合、一度は都会に出たが環境に馴染めず、しかし出身地には働き口がなく戻れないために別の地方都市へ移住し転職するというパターンが多いようです。

Jターンのメリットとしては、地価や家賃が安く経済的な負担が減ることや、正社員になりやすい環境などが挙げられます。一方で公共交通機関が未発達であることや、知人が少なく地域に馴染みづらいといったマイナス面も。その土地の企業が少なく、採用の門が狭いという場合もあります。
Jターンを行う場合には、なぜその土地に行くのか、そこでどんな仕事をしたいのかというビジョンを明確にしておく必要があります。移住したはいいものの仕事が見つからない……という可能性もあるので、仕事が決まってから移住するほうがベターです。

なお、2015年からは厚生労働省主導のもと、「地方人材還流促進事業(LO活プロジェクト)」が始まりました。Jターン・Iターンなどを推進し、地方に人材を定着させようという試みです。都市部への人口流出、地方の過疎化、労働力不足といった社会問題を解決するため、注目が集まっています。

関連する用語

新着用語