人材ビジネス用語集

Uターン ゆーたーん

「Uターン」とは、地方で生まれ育った人が一度都心部で就職した後、再び出身地に戻って仕事をすることを指します。

詳しく解説

Uターンは人口還流現象の一種で、地方を出て都心に行き、再び出身地に戻ってくる人の流れを、アルファベットの「U」になぞらえてこう呼びます。また、都心の学校に進学した学生が、生まれ育った故郷で就職することを「Uターン就職」といいます。Uターンを希望する主な理由には、都市圏とは異なる環境で生活したいという願望があります。

キャリアよりもライフスタイルを優先するUターン

生まれ育った故郷に恩返しをする意味も

類似語に「Iターン」、「Jターン」があります。UターンとIターンはともに「地方に移住する」という点で共通していますが、移住者がもともと地方で生まれ育っていた場合はUターン、都心で育った場合はIターンになります。また、出身地ではない他の地方都市に移住することをJターンと呼びます。

このような地方への人口流動は、過剰な人口過密などによって都市の生活環境が悪化したため起こったといわれています。地方で暮らすメリットは、都心と比べて自然が豊かな環境や比較的安価な生活費だといわれます。さらにUターンの場合は故郷に戻るので家族の側にいられる、地元に貢献できるといった独自の魅力もあります。企業が少ない地方は求人も少ない傾向にありますが、正社員になりやすいというメリットがあります。これら精神面、金銭面での安心を求めて、キャリアよりもライフスタイルを重視する人がUターンの道を選んでいます。
しかし、地方移住はメリットばかりではありません。地方では情報格差があり、最新の娯楽に触れることは難しいというデメリットがあります。また、企業が少ないため職業選択の幅が狭いという課題もあります。今後、地方では少子高齢化が進むと予想されていて、医療・福祉分野の雇用拡大が見込まれています。

また、Uターンした労働者が、何らかの理由で都心に戻って再就職する「Oターン現象」が起こることもあります。地方に人材を定着させるため、自治体や地元企業が連携して就職や起業を支援していく必要があるでしょう。

関連する用語

新着用語