新卒採用研究所

新卒採用サービス比較

インターネットが発達し、就職活動でも多くの作業がウェブサイトに移行しています。企業のエントリーや会社説明会の申し込みもウェブサイト上でおこなえる時代となりました。中にはオンラインセミナーを開催する企業もあります。そしてその機能を、多くの学生が活用しています。
例えば、業界最大手の新卒採用ポータルサイト「リクナビ」を利用する学生の割合は、卒業予定者数に対して120%。現役はもちろん、既卒や就職留年の学生も利用するため、この数値になっています。もはや新卒採用を行うにあたって、採用ポータルサイトの利用は必須といえるでしょう。

一方で、採用サービスも多様化しており、企業の規模や採用計画によって選ぶべきサービスは変わってきます。主な採用サービスの特徴を比較してみましょう。

採用サービス一覧

新卒採用サービスは学生が企業に応募する「募集型」と、企業が学生へアプローチを掛ける「逆求人型」の2種類に分けられます。その他に、理系や体育会系などの専門学生を対象とした「専門学生向け」サービスもあります。

  • 募集型……リクナビ・マイナビ・キャリタス・朝日学情ナビ・就活ラボ・PASSION業界 就職ナビなど
  • 逆求人型……JOBRASS・OfferBox・ミートボウルなど
  • 専門学生向け……アスリート就職ナビ・スポナビなど

媒体別比較

募集型

◆リクナビ
株式会社リクルートキャリアが運営する新卒採用ポータルサイト。新卒採用サービスの中では最大手。学生がオンラインで履歴書を提出できる「OpneES」や「リクナビ診断」、SPI連携など独自のサービスが好評。また、企業の採用戦略に合わせて利用できる多彩なオプションが魅力。ウェブページに掲載するだけでなく、説明会の集客や内定者フォローなど採用フロー全般に対してサポートが可能。人事担当ブログを用いれば最新の情報を発信することもできる。

■価格感
シンプルプラン90万円~、基本企画120万円~、グループ募集210万円~。学生向けDM配信や説明会予約システムなど、機能やページを追加することで金額は変動する。
■導入企業(業界、数など)
登録企業数は約20,000社以上と業界トップクラス。大手企業や上場企業のほか、中小企業も積極的に活用している。東京・大阪など都心に本社を構える企業の登録が多い。


◆マイナビ
株式会社マイナビが運営する新卒採用ポータルサイト。登録企業数はリクナビに次いで多く、就職サイトの定番といえる。学生の登録状況や検索履歴に合わせて企業を推薦(リコメンド)するなど、学生に向けた提案発信に力を入れている。ボリュームある情報を整理して掲載し、じっくりと「読ませる」構成になっている。登録企業は、比較的地方の中小企業が多く充実している。

■価格感
基本企画150万円~。WEBセミナーや広告など、機能やコンテンツを追加することで金額は変動する。
導入企業(業界、数など)
登録企業数は15,000社以上。リクナビに比べて大手企業の登録が少なく、中小・ベンチャー企業の登録が目立つ。登録業種はメーカーを筆頭にサービス・インフラ系、ソフトウェア通信などが多い。


◆キャリタス
株式会社日経HRと株式会社ディスコによる就職活動ナビサイト。登録企業数が多く、業界の中でもTOP3に入る。日経のリソースを活用したニュース配信や企業調査など、オリジナルコンテンツが学生に人気。オンライン上で利用できる大学への求人配信機能や採用選考管理システムなど、独自のサービスを提供することで近年注目を集めている採用ポータルサイト。その他、メールDMやウェブセミナー配信など各種オプションサービスも充実している。

■価格感
基本企画150万円~。(※日経就職ナビ参考)オプションサービスなどで金額は変動する。
導入企業(業界、数など)
登録企業数は14,000社以上。大手企業が主で、商社やメーカーなども多く登録している。


◆朝日学情ナビ(あさがくナビ)
株式会社学情が提供する、新卒学生のための就職ポータルサイト。成長性のある中小・ベンチャー企業に特化していて、利用学生の多くが中堅・中小企業を志望している。学生が企業の規模や知名度に左右されず応募できるよう、学生との「出会い」を重視する方針で、イベントやセミナーへ誘導する機能を充実させている。業界別特集や理系学生特集など、ターゲットを絞った採用活動も可能。

価格感
非公開
導入企業(業界、数など)
登録企業は2,600社以上。成長途中の中堅企業に特化しており、対応地域は関東・関西が中心。


◆就活ラボ
新卒、既卒、第二新卒の就職活動を支援する就職情報サイト。株式会社アクセスヒューマネクスト運営。先輩社員のインタビューを多数掲載し、職種やキャリアといった「働く人」を検索条件に加えることができる独自の検索方式を採用。動画によるPR手法も充実している。学生にとって就活トータルでの利便性を追求し、業界初の就活セカンドサイトとして、新たな就活スタイルを提案するサービスである。

価格感
非公開
導入企業(業界、数など)
登録企業は2,300社以上。全国の企業が登録しており、メーカー、商社のほか、ソフトウェア・情報処理、通信・マスコミなど幅広い業種をカバーしている。


◆PASSION業界 就職ナビ
株式会社アイ・パッションが運営する、ベンチャー企業向けの就職ポータルサイト。登録する学生はベンチャー志望や起業を考えている学生が多い。新卒・既卒採用を取り扱い、就活支援や企業の採用支援を行っている。基本的に小規模な個別説明会への誘導がメインとなるため、少数精鋭の採用活動を行っている企業に向いている。セミナーを利用するなどして大規模な採用活動を行う企業には不向きである。

■価格感
月額3万円~。原稿や動画の作成などを依頼すると追加料金が発生する。その他、イベントに出展すると30万~45万円程度必要となる。
導入企業(業界、数など)
登録企業は300社以上でそのほとんどがベンチャー企業。職種としては営業・コンサルティングやエンジニアの募集が多い。

サービス比較表

逆求人型

◆JOBRASS
学生が登録したプロフィールに対して企業がスカウト行う「逆求人型」就職サイト。株式会社イーアイデム運営。スカウトの他、学生がプロフィールを企業に送る「アピール」によるマッチングが行われる。自社でじっくりと選考を行える「選考オファープラン」と、採用の手間を省ける「エージェントプラン」の2種類のサービスがある。逆求人型の就職サイトなので、ターゲットとする学生と効率よくマッチングを行うことが可能。

価格感
選考オファープランは初期費用20万円、エージェントプランは成功報酬型。エージェントプランでは1人入社するごとに60万円の支払いが発生する。
導入企業(業界、数など)
約600社ほどが登録している。対応地域は関東・東海・関西のみ。


◆OfferBox
株式会社i-plugが運営する逆求人型就職サイト。理系学生、留学生をターゲットとするサービスが充実している。学生一人ひとりと向き合えるように、オファーの数には上限があり一斉送信も不可となっている。求める人材はどんな資格を持っているか、あるいは経験を積んでいるかなど、ターゲットが明確であれば利用しやすい。理系や体育会系の学生など、一般のナビサイトでは集まりにくい学生も多数利用している。

■価格感
初期費用は無料、学生1人の内々定につき30万円~。理系学生や留学経験者など、ターゲット層により値段は変化する。逆求人型サイトにしては安価な方である。
導入企業(業界、数など)
大手からベンチャー企業まで、1,490社以上が登録している。


◆ミートボウル
株式会社カケハシ スカイソリューションズが運営する就職情報サイト。学生が「得意なこと」を企業にアピールして採用に結び付ける、斬新な就活スタイルを提案。独自の採用企画を立案してもらい、ニッチな採用ターゲットを獲得できる。ユニークな採用活動で話題性を生み出すことも可能。一般公募型と異なり学生の属性が明らかなので、求める人材と効率的に出会うことができる。ピンポイント採用に特化したサービスである。

■価格感
非公開
導入企業(業界、数など)
登録企業数は100件以上。上場企業も多く、関東・関西・東海地方に対応している。メーカーやサービス業などが多い。

サービス比較表

専門学生向け

◆アスリート就職ナビ
株式会社アスリートプランニングが運営する、体育系学生のための就職情報サイト。2013年度からスタートした、比較的新しいマッチングサービス。体育会系学生のキャリア形成について調査・研究を行い、そのデータをメディアへ提供・キャリア支援に活用するなどして、学生アスリートの就職を支援している。アスリートをピンポイント採用できるよう、独自のサービスを展開している。

■価格感
新卒紹介サービスは成功報酬型で、1人あたり80万円。アウトソーシングの場合は採用規模により価格が異なる。
導入企業(業界、数など)
体育会系の学生をターゲットとする企業のみが登録。毎年13,000人ほどの学生がサービスを利用している。


スポナビ
株式会社スポーツフィールドが運営する、体育系学生向けの就職情報サイト。募集型求人サイトであるが、一般には掲載されない非公開求人情報なども提供。体育会出身のOB・OG社員が就職エージェントとして就職支援を行い、合同就職セミナーや学生向けイベントを多数開催している。全国展開しているためUターン、Iターンにも対応可能で、地方の企業も登録できる。体育会系の学生にターゲットを絞っている場合は有用なサービス。

■価格感
非公開
導入企業(業界、数など)
登録企業数は100社以上。全国に対応しており、大手メーカーやサービス・インフラ系をメインに幅広い業種が登録している。

サービス比較表


企業の採用方針によって、適したツールやサービスは大きく異なります。多くの学生と接点を持つ募集型にするのか、特定のターゲットに絞る逆求人型にするのか、あるいは併用していくのか……。求める人材を獲得するためにはどのようなアプローチが有効化を見定めましょう。採用方針に適した採用媒体を選ぶことが成功のポイントです。
※上記内容はクイック独自の調査に基づくものです(2016年5月時点)。現在とは内容等が異なる場合があります。