人材ビジネス用語集

Iターン あいたーん

「Iターン」とは、都心部で生まれ働いていた人が、転職し地方に移住することをいいます。

詳しく解説

人口還流現象の一種で、出身地以外の場所で就職することを意味し、その人の流れをアルファベットの「I」になぞらえてこう呼びます。現在では、主に都市部から地方へ移住することを指します。 Iターンはワーク・ライフ・バランスを重視する働き方に多く、類似語にJターンがあります。

過疎化する地方

Iターンで地域活性化を図る

都会への人口流出が叫ばれて久しいですが、一部では地方就職への関心が高まっています。実は、人材不足の地方での就職は、都心よりも正社員として雇用されやすいというメリットがあるのです。正社員になれば収入も安定し、将来設計がしやすくなるため、地方への転職を考える人が増加しています。
さらに、Iターンには通勤時間の短縮や安価な家賃といった利点があります。都心に比べて充実した育児環境を求め、転職を検討するケースもあります。安定した生活を手にして、仕事とプライベートの両立を図るワーク・ライフ・バランスを目指す。これがIターンの主な目的です。

ただし、地方は娯楽が少なく、公共交通機関が未発達で車社会であるなどのデメリットも。また、そもそもの企業数が少ないため、求人が見つかりづらい場合もあります。独特の文化や風習を持つところもあり、それに馴染めず失敗する場合もあるでしょう。なぜ地方に移住して転職するのか、そこでどんな働き方・生活をしたいのかなど、明確なビジョンがIターンには必要とされます。

最近では、自治体が地域活性化を図るグループを組織し、移住や就職の斡旋を行うところも出てきました。移住者をターゲットとしたマッチングビジネスも注目が集まっています。Iターン成功のノウハウを蓄積することで地方活性化につながるのではと期待が高まっています。

関連する用語

新着用語